ぽけどころ

ポケモンについて深く考える

ポケモンGO PvP対戦における基本的思考

 お元気ですか?私は元気です。

 前記事にてポケモンGOの対戦は運ゲー()みたいな話をしており、実際運要素が強いのですが、基本的なところからいろいろと考察してみました。

 

レイドバトルorジムバトルとの違い

 ポケモンGOにはサービス開始直後から存在するジムバトルと、2017年の夏あたりに実装されたレイドバトルが以前から存在しており、タップして攻撃するといったシンプルなゲームシステムとなっていました。ポケモンGOの対人戦(以降「PvP)においてもそのシステムは変わらず大変なじみやすいゲームシステムとなってましたが、前者とは違う点がいくつか存在するので紹介します。

基本システム

 ジムバトルやレイドバトルにおいて使用できるポケモン数は無限、勝利条件は相手を倒すことで敗北条件は時間切れでしたが、PvPにおいては使用できるポケモンは3体、勝利条件は相手のポケモンをすべて倒すことで、また敗北条件は手持ちポケモンがすべて倒されることとなり、本来のポケモン対戦に近い形となりました。

シールドの重要性

 PvPでは1試合に2回まで相手のゲージ技(下技、溜め技などともいわれている)を防ぐことができるシールドが使用できます。これにより、本来なら不利な対面であっても多少ならごり押しが可能となったり、シールドを対戦の最後の詰めとして残しておくといった戦術が取れるようになり、ジムバトルやレイドバトルといったただタップするゲームとは違う「考察、戦略ゲーム」というポケモン本来の面が強く出たなと個人的には感じました。

技の重要性

 ジムバトルやレイドバトルでは通常技(上技など)は時間当たりのダメージ量が大きくかつ弱点がつけるものが優先されていましたが、PvPにおいてはゲージ技を通していくことが基本戦術となっているので、時間当たりのダメージ量よりも連射感覚が短い方が強いとされています。

 ゲージ技には名前の通りゲージが存在し、そのゲージの本数(1~3本)によって威力とゲージの撃てる速さ(以降「ゲージ速度」)が変わっています。

・ゲージ1技

火力はあるけどゲージ速度は遅いです。ジムバトルやレイドバトルなどのシールドシステムが存在せず、単純に時間当たりのダメージ量が重視されたためにゲージ1技が優先されていました。例)カイオーガハイドロポンプバンギラスストーンエッジ

・ゲージ2技

ゲージ1技より火力は劣るもののある程度のゲージ速度がありますポケモンによってはこちらのほうが優先されることも多いです。例)メタグロスのコメットパンチ、フシギバナハードプラント

・ゲージ3技

火力が低い代わりにゲージ速度が速いです。対人戦においてはこれを搭載することによりシールド削り要員として使うことができます。シールド削りとはは相手のシールドをなるべくローコストで削っていくという戦術であり、この考え方の登場によりポケモンGOでの対戦が複雑化していきました

選出の重要性

 ジムバトルやレイドバトルでは相手の選出順番やレイドボスの内容が先に開示されていたために有利なポケモンのみを使用できましたが、PvPでは互いのポケモン情報は基本的に完全秘匿されているので選出内容が重要となりました。またポケモンの交換にクール時間(交換した後にしばらく交換できなくなる)が設けられたことにより、先発でのゲームメイクが非常に大切なゲームシステムとなっています(不利対面になって交代しても相手も交代してくるため不利対面であることは変わりないというひどいゲーム欠陥)。この点がPvP運ゲーポイントであり、あまりにも大きすぎる欠陥だと思っています。

 

個人的PvP解釈

 PvPにおいて考えなければならないことは大きく分けて3つあると私は考えています。

①タイプバランス

相手の選出ポケモンがわからないのでよりたくさんのポケモンに対応できるような構築を組むことが重要です。「相手のメタグロスがとまらない~~~」といったことはなるべく避けたいです。

②先発性能

先発は特に大切なので、なるべく弱点が少なくかつ技範囲が広いポケモンを置くと安定します。初手が響いて負けるといった試合をなるべく少なくしていきたいです。

③パーティコンセプトの意識

ポケモンごとの役割を意識したパーティや起点を作って後ろのポケモンで倒していくといった、ポケモンごとの特徴をしっかりと理解し活かしていけるパーティを作れると面白い対戦ができるようになると思います。

 

最後に

 個人的な考察をメモしてみました。いかがだったでしょうか?前記事でディスってしまったので若干罪滅ぼし的な意味のある記事となりましたね。

リーグについての話はあえてしませんでした。これからは基本的に一番バランスの取れているスーパーリーグのお話をメインにしていくと思います。ではでは~

近況報告

本日はクリスマスイブらしいですが、それっぽいことは何もやっていないこいしです。

 

不定期開催暇な時にやる近況報告を...

 

1つ目:ポケモンGO熱が若干冷めた

 対人戦ができるようになりましたポケモンGOでしたが、その中身はやはり選出運&ただの連打ゲーでした。悲しいです。

これに関しては強いポケモンの考察と選出順が対戦の10割を占めるじゃんけんゲーといっても過言ではないです。結局バンギラスとシャドボミュウツーが強いんですよ。シャドボのないミュウツーはちょっと弱いです(´;ω;`)。

いつかちゃんとポケモンGOの対戦環境とか考察したいですね。

 

2つ目:ポケとる更新してくれ

 ポケとるの更新が来ません。誰か助けてください;;

 

3つ目:最近どこにも行けていない問題

 あまりの多忙ゆえにポケモンがほとんどできない期間が11月末まで続き、今月やっとポケモンに打ち込める時間を得ることができたのですが、ポケカブーム到来とともにポケカをやめた私のやることと言ったら3世代くらいのものでちょっと物足りない感じです。昔はよく生主が孵化雑談とか放送しいるのを見ていたんですけどね...

 

だれか生きがいをください!!

 

4つ目:1日1こいしを再開した

 1日1こいしちゃんという毎日こいしちゃんを描いていく企画を復活させました。それ用のアカウントを作成して頑張ってます。おそらくあと5日以内に終わります。

 

以上

ポケナビ乱数のすゝめ

 

この記事はPokémon RNG Advent Calendar 2018 4日目の記事です。

adventar.org

前置き

誘われたので Pokemon RNG Advent Calender を書かせていただくことにしました。乱数関連なら何でも?というか乱数関連じゃなくてもいいくらいには気楽に書いてもらえればよいということなので、発見時の流れみたいなのも織り交ぜながらものすごく簡潔にラフに気軽に書いていこうとおもいます。  

 

ポケナビ乱数とは何ぞや?

事前知識として「ポケナビ」とは、ポケットモンスタールビーサファイアエメラルドでのみ使用できるウンマップバトルサーチャー(エメラルドのみ)などいろいろな機能を組み込んだ便利アイテムです。

f:id:taiyaki3gen:20181203015044j:plain

それで「ポケナビ乱数」とは、いろいろあるポケナビの機能の一つであるエントリーコール部分を乱数調整することを指しています。つまりエメラルドでしかできないのでご注意ください。

「エントリーコール」とは先ほど言ったポケナビの機能であるバトルサーチャー機能、言い換えればトレーナーが再戦可能であるか判断できる機能です。ただし利用するのは再戦機能ではなく、エントリーコールの機能のもう一つの機能、とある条件下でランダムでかかってくるトレーナーからの世間話です。つまり「ポケナビ乱数」とは、このランダムでかけてくるエントリーコール相手を乱数調整します。

 

ポケナビ乱数の有用性

はっきり言います。孵化乱数の効率が格段に上がります。色違いにしたい人はパッチールを使用する必要もありません。そもそも性格値固定でいちいち「レポート→孵化→失敗→預け直し→歩いてセーブ」などというめんどくさいことはしなくてよくなります。世の中時短時短です!!

最初に目を付けたのはポケナビのかかってくる条件でした。実はこれに関しては処理が割れていました。具体的なことは省きますが、ゲーム開始及びマップ移動でポケナビが受信可能なマップに移動したのち10歩目に30%(手持ちポケモンの先頭が特性「ひらいしん」なら60%)の確率でエントリーコールがかかってきます

エントリーコールの内容は、自己紹介(こんにちは○○ですみたいなの)+世間話(××捕まえたの~)といった2段階に分かれていて、自己紹介部分は上記で説明した10歩目のタイミング、世間話は自己紹介後のボタン入力タイミングで決まっているようです。今回重要なのは自己紹介部分です

ポケナビ乱数では自己紹介で名乗ってきたトレーナーの名前により、ある程度の自分のいるSEED(正確には違うけど簡単に言うと自分のいる位置のことです。基本的に1Fで1回次の位置に移動し、さらに何かランダム事象が発生するたびに1~回次の位置に移動します。この移動することを消費といいます。514消費と言ったら514回次に移動したんだなってことです。)がわかります。

孵化乱数は、乱数調整の成否が孵化してみないとわからないという時間的欠点が固定シンボル乱数といったほかの乱数調整に比べると大きいです。実際沼にはまると5時間は成功しないかもしれない厄介ものでした。しかし、それを解決してくれたのがこのポケナビ乱数というわけです。

 

じゃあなにがどうなってなにが偉いの?

事前知識として、3世代の孵化処理は、卵生成&性格値乱数(卵ができるかどうか、性格、性別、特性、色違いかどうか、はここで決まる)+個体値調乱数(個体値が決まる)と2つの工程に分かれています。ポケナビ乱数はこのうち卵生成&性格値乱数個体値乱数で使える神乱数調整です

 

①卵生成&性格値乱数

卵の生成判定と性格値が決まるタイミングは、育て屋にポケモンを預けてから255歩目となっています。ここで私は疑問に思いました。「この卵生成タイミングとポケナビのエントリーコールタイミングを重ねたらどうなるのか?片方の処理が優先されてもう片方は処理が多な割れないのか?はたまたちゃんと両方とも処理が行われるのか?」。

結論から言います。両方とも処理が行われました。「卵生成&性格値処理→謎の2消費→ポケナビエントリーコールの有無処理→エントリーコール有の場合のみトレーナー名決定処理」となっていました。これによってエントリーコールと卵生成&性格値乱数が紐づけできるため、卵を孵さなくてもエントリーコールのトレーナー名を見ただけで卵の生成の有無と、卵が生成されていた場合の卵の性格値がわかるようになりました

f:id:taiyaki3gen:20181205114654j:plain

つまり「消費数が理論上4固定なので、トレーナー名さえわかれば卵生成や性格値処理が行われた位置も把握できるはず!」という考え方です。

 

個体値乱数

個体値が決まるタイミングは育て屋爺さんから卵を受け取って会話が終わった瞬間となってます。この後自然に生まれる疑問としては「卵を受け取った後に即歩いてエントリーコールを発生させればトレーナー名で個体値わかるのでは?」。少々ごり押しではありますが、これもできるのではないかと考えました。

実際にやってみたところ、GBASPでのみ動作が安定するのかうまく再現が取れました。卵を受け取ってから1歩動いてエントリーコールのトレーナーが決定するまで約36消費(走ったら約28消費、ここら辺のランダム性はROMとかハードごとで変わりそう) で固定することができました。これによりエントリーコールのトレーナー名を見ただけで卵の個体値がわかるようになりました

f:id:taiyaki3gen:20181204015039p:plain

①と同様、逆算が可能なため、卵を孵さずとも個体値がわかるというわけです。

 

結果

「ポケナビ乱数」を既存の孵化乱数と組み合わせることによって、孵化乱数の効率をかなり上げることができました。また、自分のエメラルドのSID(裏ID)がわかってなくても、ID調整をしたRSに乱数調整した卵を輸送して孵化することで簡単に色違い理想個体を作ることもできるようになりました

これでオフ前日に徹夜するようなことは少なくなりますよ。また「3世代の孵化乱数調整こわいいいいい」という人にもおすすめです。

 

後書き

↓実際のやり方&夜綱さん作のポケナビ乱数の神ツール配布の記事はこちらに↓

taiyaki3gen.hatenablog.com

感想

孵化乱数の敷居がかなり下がったと思います。この方法を用いて皆さん楽しい孵化ライフを送っていただけると幸いです。

記事は見やすさを意識して書いてみました。いかがだったでしょうか?私自身あまり乱数に詳しくない民なので、今まで乱数調整の記事を書くことはほとんどなかったため見づらい点が多々あると思いますが、なるべくそうならないように章ごとに結論をはじめの方に書いてみました。

遅くなりましたが、ここまで読んでくださった皆様ありがとうございました!!

 

5日目はポケナビ乱数の解析兼ツール作成者である夜綱さん@sub_827です。

エントリーコール登録確認用

102番道路

たんぱんこぞう カズキ

f:id:taiyaki3gen:20181013205934j:plain

103番道路

だいすきクラブ ミツハル

f:id:taiyaki3gen:20181013210106j:plain


ふたごちゃん クミとルミ

f:id:taiyaki3gen:20181013210204j:plain

104番道路

おじょうさま レイカ

f:id:taiyaki3gen:20181013210339j:plain


おぼっちゃま ミツグ

f:id:taiyaki3gen:20181013210519j:plain


ミニスカート マキ

f:id:taiyaki3gen:20181013210438j:plain

105番水道

いせきマニア ダイジロウ(こじまのよこあなに行く途中の左側の浜辺)

f:id:taiyaki3gen:20181013210929j:plain

106番水道

つりびと アキヒコ

f:id:taiyaki3gen:20181013224424j:plain

107番水道

かいぱパンやろう エイイチ(ムロタウン側からなみのりで一番近い男性NPC)

f:id:taiyaki3gen:20181013224558j:plain

108番水道

ふなのり ノリタカ(すてられぶねの右の陸地)

f:id:taiyaki3gen:20181013223146j:plain

109番水道

うきわガール アユミ (パラソルの下)

f:id:taiyaki3gen:20181013212240j:plain

 

うきわボーイ ユウタ

f:id:taiyaki3gen:20181013224325j:plain

110番道路

だいすきクラブ マサコ

f:id:taiyaki3gen:20181013212712j:plain


トライアスリート ショウコ

f:id:taiyaki3gen:20181013224714j:plain


トライアスリート ヒデアキ

f:id:taiyaki3gen:20181013213035j:plain


ポケモンコレクター モトキ

f:id:taiyaki3gen:20181013212830j:plain

111番道路

いせきマニア ノブオ

f:id:taiyaki3gen:20181013222604j:plain


エリートトレーナー マリア

f:id:taiyaki3gen:20181013222810j:plain


エリートトレーナー ユウスケ

f:id:taiyaki3gen:20181013214319j:plain

112番道路

やまおとこ ケンサク

f:id:taiyaki3gen:20181013214019j:plain

113番道路

ニンジャごっこ キンジ

f:id:taiyaki3gen:20181013224826j:plain


パラソルおねえさん マドカ

f:id:taiyaki3gen:20181013214520j:plain

114番道路

かいじゅうマニア トシオ

f:id:taiyaki3gen:20181013214716j:plain


キャンプファイヤー ノブヒコ

f:id:taiyaki3gen:20181013214742j:plain

115番道路

カラテおう ゴロウ

f:id:taiyaki3gen:20181013225029j:plain


たつじん ウンショウ

f:id:taiyaki3gen:20181013225112j:plain


バトルガール ユリカ

f:id:taiyaki3gen:20181013225002j:plain

116番道路

じゅくがえり ハツネ

f:id:taiyaki3gen:20181013225209j:plain


じゅくがえり ヒデオ

f:id:taiyaki3gen:20181013225306j:plain

117番道路

センパイとコウハイ ミホとリコ

f:id:taiyaki3gen:20181013205633j:plain

 

トライアスリート サエコ

f:id:taiyaki3gen:20181013213351j:plain


トライアスリート ツヨシ

f:id:taiyaki3gen:20181013213312j:plain


ポケモンブリーダー イクエ

f:id:taiyaki3gen:20181013213423j:plain


ポケモンブリーダー セイジ

f:id:taiyaki3gen:20181013213127j:plain

118番道路

アロマなおねえさん ヤヨイ

f:id:taiyaki3gen:20181013213830j:plain


ギタリスト テリー

f:id:taiyaki3gen:20181013213726j:plain

119番道路

ポケモンレンジャー マナミ

f:id:taiyaki3gen:20181013215711j:plain


ポケモンレンジャー マモル

f:id:taiyaki3gen:20181013215817j:plain

120番道路

こんちゅうマニア ミキオ

f:id:taiyaki3gen:20181013220014j:plain


とりつかい ツバサ

f:id:taiyaki3gen:20181013220248j:plain

121番道路

エリートトレーナー トキコ

f:id:taiyaki3gen:20181013220424j:plain


おとなのおねえさん ヨリコ

f:id:taiyaki3gen:20181013220632j:plain


ジェントルマン ロバート

f:id:taiyaki3gen:20181013220526j:plain

123番道路

ギタリスト ジョー

f:id:taiyaki3gen:20181013225529j:plain


サイキッカー カオル

f:id:taiyaki3gen:20181013223431j:plain


サイキッカー シホミ

f:id:taiyaki3gen:20181013220907j:plain

124番水道

うみきょうだい コウとカコ(ミナモシティ側)

f:id:taiyaki3gen:20181013225740j:plain


ビキニのおねえさん ナギサ(民家の左にある砂浜の左)

f:id:taiyaki3gen:20181013225709j:plain

125番水道

ふなのり ジロウ

f:id:taiyaki3gen:20181013225901j:plain

126番水道

トライアスリート ヤスヒロ(ルネシティ入り口の浮上ポイントからまっすぐ左)

f:id:taiyaki3gen:20181013230347j:plain

 

127番水道

カラテおう テツロウ(右下の岩に囲まれた島)

f:id:taiyaki3gen:20181013230032j:plain

128番水道

トライアスリート エイスケ(円形の浅瀬のすぐ下)

f:id:taiyaki3gen:20181013230302j:plain


トライアスリート ナツミ

f:id:taiyaki3gen:20181013221345j:plain

トウカのもり

むしとりしょうねん ミキヤ

f:id:taiyaki3gen:20181013210639j:plain

えんとつやま

たつじん ミヤコ

f:id:taiyaki3gen:20181013221709j:plain


やまおとこ マサヒコ

f:id:taiyaki3gen:20181013221751j:plain

デコボコさんどう

キャンプボーイ ヨシハル

f:id:taiyaki3gen:20181013221922j:plain


ピクニックガール コズエ

f:id:taiyaki3gen:20181013222050j:plain

おくりびやま

オカルトマニア ホノカ

f:id:taiyaki3gen:20181013224011j:plain


ポケモンブリーダー フクミ

f:id:taiyaki3gen:20181013224049j:plain

すてられぶね

おとなのおねえさん ショウ

f:id:taiyaki3gen:20181013211935j:plain


ラブラブカップル ナツとルミ

f:id:taiyaki3gen:20181013211443j:plain

りゅうせいのたき

きんこんしき ゲンとハツ

f:id:taiyaki3gen:20181013214950j:plain


ドラゴンつかい タケル

f:id:taiyaki3gen:20181013215117j:plain

ポケナビ確認法 ~孵化乱数個体値編~

ポケナビ確認法 ~孵化乱数性格値編~の続きみたいなものです。

 経緯

だいたいこいつのせい。ポケナビ確認法による性格値乱数の安定性がある程度確立された深夜にこいつがちょっとつぶやいたら、私が寝ている間に夜綱先生が再現性などもろもろ必要なことを大体やってくれていました。感謝しきれません。

やり方

①準備

・エメラルド

イタ電ツール

・BV保存したBV

ポケナビにある程度の人数を登録しておく(40~64くらい?多いに越したことはない)

・3gensearch(EMeggやEmerald1.1などでも可)

GBASP(必須)

・特性:ひらいしんポケモン

・特性:ほのおのからだマグマのよろいポケモン

 

②内容

卵を受け取ってから最速で動くことで個体値生成→ポケナビの補正を一定にできたことでエントリーコール主の名前で成功の成否を判断することが可能になりました。9步目で卵を受け取り最速の1歩でエントリーコールを受けることで卵を孵化せずに中身を確認できます

 

③流れ

注意:エリートトレーナーのユウスケはなぜかエントリーコールをしてこないので着信なしと読み変えてください!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

0.準備として、自分の狙っている個体をイタ電ツールで検索します。個体値タブから預けたポケモン個体値など入力してほしい個体の目星をつけましょう。例として

f:id:taiyaki3gen:20181003205926p:plain

6073Fの3V個体を狙ってみましょう。

1.特性がひらいしんポケモンを先頭にして育て屋爺さんから9歩右に離れた場所でセーブをし、電源を切りつけ直します。

f:id:taiyaki3gen:20181003175447j:plain

2.9歩左に歩いて爺さんの前でメニュー→自分の名前→BV再生の準備をします。

f:id:taiyaki3gen:20181003175559j:plain

3.イタ電ツールの個体値タブを開き、自分の狙っているFから前後300Fくらいの範囲でリストを表示します。

4.待機Fをタイマーにセットします。

5.BV再生と同時にタイマースタート、即にメニューを閉じ、即爺さんに話しかけます。

6.「だいじにそだて~」のメッセージ画面で下キーを入力しながら待機します。

f:id:taiyaki3gen:20181003175807j:plain

7.タイマー終了と同時にBボタン長押しで、1歩走ったところでポケナビにエントリーコールがきたらメモします。目的の人からエントリーコールがかかってきた場合、ほぼ成功なので9の工程に進みます。

f:id:taiyaki3gen:20181003180216j:plain

8.

方法1:一度孵化して現在位置と補正を確認する方法

自分の補正を確認していない人は必ず行ってください。確認した場合でも実は補正がたまに±1程度変化することがあります(NPCのせいと考えられる)ので、目標Fとの差を確認するついでに補正も確認しておくことがおすすめです。とりあえず卵を受け取ったら、エントリーコールの有無と有った場合はそのトレーナー名をメモして、そのまま孵化してください。孵った卵の個体値から受け取った時のSEEDを確認し、エントリーコールのFとの差が補正となります差分をデフォルト36から加減して各自調節してください。そのあとは目標Fと孵化した個体のでるFとの差を調べ、各自待機時間を調節し、4~7の工程を成功するまで行います。

私は補正が事前に28と分かっていたのであらかじめ28と補正ボックスに入れて計算していました。

f:id:taiyaki3gen:20181003210255j:plain

f:id:taiyaki3gen:20181003210601p:plain

このコイキングはたつじんのウンショウさん(6075F)からのエントリーコールがかかってきたときの個体なので、実際の補正の値の差が±0であることがわかりますね。やっぱり私のSPでは補正は28らしいです。工程4~7を再び行います。

方法2:エントリーコールのトレーナー名のみで判断する方法

自分の補正値がわかっている2回目以降の人はこちらの方法が有効です。ただし自分の保存したBVのSEEDがある程度(大体目標の前後1000Fのどこかにあるだろうなー程度)わかっていて、かつ己の腕に自信のある人前提です。

かかってきたエントリーコール主の名前から自分の卵を受け取った位置が把握できるまで4~7を繰り返します。ツールの目立たせる機能を用いて、引いたトレーナー名にチェックをいれ、そのトレーナーが集まっているFがあればおそらくそこが自分が卵を受け取った位置です。自分の位置がわかった場合、把握した場所から目標の場所まで待機時間を各自調整してください。

f:id:taiyaki3gen:20181003205556j:plain

f:id:taiyaki3gen:20181003205650p:plain

6075Fのトレーナーを引きました。今回は目標の6073Fから+2Fずれていたので-2フレーム待機時間を調節しました。

 

9.実際に孵化してみて個体値が狙い通りなら成功です。お疲れ様でした。

f:id:taiyaki3gen:20181003212806j:plain

f:id:taiyaki3gen:20181003212858p:plain

f:id:taiyaki3gen:20181004012740j:plain

実は問題点がひとつあります。メソッドズレです。どうしようもありません。エントリーコール主は恐らく引いた個体の1F後ろのトレーナーになっていると思います。余分な消費がはさまってしまった証拠です。諦めずにもう一度やってみましょう。迷信ですが、時間をおく、BV再生終了タイミングを変えるなどで解決するかもしれません。

 

最後に

エミュレーター環境での調査、ツール作成並びに実機調査、つまり全てをやって下さった夜綱さんに感謝を。ありがとうございます。

これで孵化乱数は不自由なく、かつ効率よくできるようになりました。いちいち孵化しなくても良くなった分、かなり楽になったと思います。今まで孵化乱数に苦しめられた人も、これからは楽しいハッチアウトライフを送れることと思います。

長い記事となりましたがここまで閲覧していただきありがとうございました。

 

では。